中国障害者補助器具センター、中国科学院深セン先進技術研究院に見学交流

2019-10-09 16:55:12 107

      2017年12月7日午前、中国障害者補助器具センターの李晞主任一行は中国科学院深圳先進技術研究院(以下は「先進院」と略称する)を見学・交流した。

图片关键词

  李晞主任の一行がそれぞれ智能を見学した模範研究センター、神経工学研究センター、認知技術研究センターと知能と余り模実態システム研究室で囲まれ、双方の専門家をめぐる多目的模範義足、下肢助行外骨格のロボットは、超あわよくば骨格模範システム、ウェアラブル転倒防止警報システム、中国语の言叶の評価システムなど、新型補助技術交流に乗り出した。先進院の許建国副院長は代表団の到着を歓迎し、李晞主任一行と科学研究開発、産業促進などの面で十分な意見交換を行い、更なる協力を展開することを期待している。李晞主任は次のように表明した。補助器具の開発を加速することは党の十九大が提出した「伝統産業の最適化・アップグレードを支持し、現代サービス業の発展を加速する」の生き生きとした実践を実行し、補助器具産業の発展促進プラットフォームを構築する重要な内容である。今後の協力の中で、双方は各自の優勢を発揮し、先進技術が障害者補助器具サービスにおける応用を推進し、科学技術の進歩が障害者の友人に恵んでいくことを望んでいる。アジア太平洋地域補助器具産業連盟の創立大会に参加した代表は参観交流に参加した。