「世界骨粗鬆症の日」の中高齢者は強い骨で転倒を防ぐ必要がある

2019-10-09 16:52:49 97

    毎年10月20日は世界骨粗鬆症の日である。骨粗鬆症は特に高齢者を「好む」ため、高齢者の健康な「隠れた殺し屋」と呼ばれている。それにもかかわらず,骨粗鬆症の重篤な被害とは対照的に,多くの人がこれを知っておらず,誤っていることが多い。

 

  「骨粗鬆症は早期に発症するため、明らかな症状がなく、軽視されがちです。外来ではこのような病歴が多く,高齢者に骨粗鬆症が検出されることが多く,転倒による骨折で受診した後に偶発的に発生することが多い。転倒による被害が大きく,骨粗鬆症を合併した場合は,高齢者の心身健康に二重の打撃を与えることは間違いない。そのため、高齢者の転倒を予防し、高齢者の骨格健康に注目することは特に重要である。子供の方が、骨格の健康にもっと気を使わなければならない」と話した。深セン人民病院脊柱外科の鎮万新主任教授は、世界骨粗鬆症の日を前に訴えた。

 

 

  高齢者は転倒しやすく,9割の寛骨骨折が原因であった

 

  中国はすでに高齢化社会に入り、世界で高齢人口の絶対数が最も多い国であり、深圳のような若い都市でも高齢化の圧力に直面している。年齢の増加に伴い、高齢者の転倒の発生率は高くなっている。データによると、65歳以上の高齢者、30% ~ 40%の高齢者は毎年最低1回の転倒;65歳と80歳では,それぞれ30%と50%の確率で転倒が発生する。高齢者が転倒しやすいのは,加齢に伴い筋力が著しく低下し,特に女性では筋力が低下するためである。筋力低下による転倒による骨折。チン教授によると、高齢者の転倒は一連の損傷を引き起こしやすく、その中の5 ~ 10%は骨折、裂傷或いは頭部の損傷を合併し、更に少量の突然死を招く。近年急速に増加している高齢者の寛骨骨折の90%は転倒によるものである。多くの高齢者の股関節骨折後、長期臥床を余儀なくされ、身体の各機能も急速に衰退し、患者の心身健康、日常活動及び独立生活能力を厳重に脅し、家庭と社会の負担を増加させた。

 

  

    中国疾病予防コントロールセンターが遅い病センター主任王临虹、中華医学会の骨と骨粗しょう鉱塩疾病学会副主任委員夏维波教授などの専門家や健康知識広報担当官がその参加、共同公衆骨粗しょうに対する認知迷信の究明を訴え、有効防除骨粗しょう、国人の骨の健康水準を高める。


  骨粗鬆:静かな流行病

  骨粗鬆は一般に「沈黙の殺し屋」と呼ばれ、大多数の患者は初期には病状がなく、人体の骨の次第に流失することに従って病状が現れ、末期の大多数の患者は全身の関節の痛みが現れ、甚だ甚だに至っては少し不注意に打撲を受けて転んで骨折になる。中国の高齢化社会の推進に伴い、骨粗鬆症は中国の重要な公共衛生問題の一つになっている。国際骨粗鬆症財団が発表した「中国骨粗鬆症白書」によると、2009年までに中国で少なくとも6944万人が骨粗鬆症に罹患し、2億1000万人の骨量は正常な基準より低く、骨粗鬆症のリスクが存在する。中国の50歳以上の人の中で骨粗鬆症の総罹患率は15.7%であるが、高齢化社会の進行の加速と人口寿命の延長に伴い、この比率は徐々に増加する。中国疾病制御センター遅病センターの王臨虹主任は、骨粗鬆症はすでに最もよく見られる慢性疾患の一つになっており、公衆は骨粗鬆症に関する関心と認知を高める必要があると述べた。


  骨粗鬆の危害はどのくらい知っています

  多くの人が見るように、骨粗鬆は加齢に伴って現れる自然現象であり、病気であり、大丈夫である。果たしてそうだろうか。同日の開幕演説で、健康知識人の白岩松氏は、自分の祖母が骨粗しょう症で倒れ、寛骨骨折を起こして2年後にこの世を去った経験を分かち合った。白岩松さんは、骨粗しょう症の予防と治療の常識を早く身につけておけば、カルシウムを補充したり、転倒しないように気をつけたり、転倒しても効果的に治療すれば、健康だったはずのおばあちゃんに、もう十年も一緒にいてもらえるかもしれないと残念がっていた。実際、多くの人が「病気」と勘違いしている骨粗しょう症は、深刻な結果をもたらす。中華医学会骨粗鬆症と骨鉱塩疾病学会副主任委員の夏維波教授は骨折は骨粗鬆症の最大の危害であり、高齢者の死亡、障害に至る最もよく見られる原因であると指摘した。国際骨粗鬆症財団が発表したデータによると、全世界では3秒ごとに骨粗鬆性骨折が発生し、1/3の女性と5分の1の男性は50歳以降に一度骨折し、20%の寛骨骨折患者は骨折後6ケ月以内に死亡する。また、骨粗鬆性骨折は中国の家庭と社会に重い経済負担をもたらした。国際骨粗鬆症財団は、中国人の期待寿命の増加に伴い、特に70歳以上の人の割合が徐々に増加し、骨粗鬆症及び骨粗鬆症性骨折は中国の衛生システムにさらなる挑戦をもたらし、関連予防治療費用は2010年の427億6000万元から2050年には1086.1億元に増加すると予測している。

  

  骨粗鬆症に特に関心を持つ人は誰か

  人体の骨格は動的な器官であり、身体は絶えず新しい骨組織を作り、古い骨組織は分解され、置換される。通常35歳前後で,ヒトの骨量はピークに達する。その後,加齢に伴い,骨量が流出し不可逆的となった。もし、適時に骨量を「備蓄」し、カルシウムを補充しなければ、骨の品質が悪くなり、骨粗鬆、骨折など一連の骨健康問題を引き起こす。従って、骨粗鬆の予防は老人の「特許」だけではなく、中青年も十分な重視を提起すべきである。では、どのような人たちが骨の健康に特に関心を持って、できるだけ早く骨粗鬆を予防・治療するべきでしょうか?夏維波教授によると、閉経期後の女性と中高年者は骨粗鬆症の高発者である。また、不良な飲食習慣、例えば飲酒、カフェインの摂取過多は、人体にカルシウムを欠き、骨粗松を招く。これらの種類の人はできるだけ早く病院に行って骨密度の測定を行い、適時に自分の骨の健康状況を監視しなければならない。


  カルシウムとビタミンD3を十分に摂取し、健康に「骨」を加える

  シャビポ教授によると、人体中のカルシウムの99%は骨と歯の中に存在し、カルシウムは骨の健康を決定する重要な要素である。ビタミンD3はカルシウムを細胞に能動的に運ぶ能力を増強し、カルシウムを補充する過程における「カルシウム浪費」を減らし、カルシウムの吸収と利用を促進する。したがって、カルシウムとビタミンD3の同補はより良いカルシウムの補充効果を達成できる。普段の食事で十分なカルシウムが得られるといわれていますが、そうではありません。「中国住民の栄養と健康状況の監視・測定」の結果によると、現在、中国の都市部住民の1日平均カルシウム摂取量は400 mg前後で、中国栄養学会が制定した800 mgから1000 mgまでの1日推奨摂取量とは大きく異なり、600 mgの不足となっている。どのように科学的、有効的にカルシウムを補充することができますか?シャビポ教授のアドバイスは、バランスのとれた食事のほか、カルシウム不足分をきちんと補完し、カルシウム600 mg前後のビタミンD3を添加したカルシウム製剤が適切だということだ。カルシウムとビタミンD3を十分に摂取する以外に、健康な生活様式を維持し、適度な運動、多日光露出、定期的な骨密度検査を行うことは、骨粗鬆症及び骨粗鬆症性骨折を予防する有効な方法である。また、会場では初めて「骨動中国」健骨体操が披露された。この健骨体操は中国国内の権威あるスポーツ医学専門家によって編集され、寛骨、脊柱などの骨粗鬆症性骨折の発生部位の骨格耐受性を強化し、骨粗鬆症を有効に予防でき、転倒による骨折発生のリスクを低減できる。啓発会が初の展示を完成した後、健骨体操は第一回「骨動中国」健骨体操アイデア大会などの道を借りて、全国範囲内で普及するという。