株洲のある老人は家で転んでまだ携帯電話に手が届かなくて、横になって五日五晩寝て生き延びることを求めた

2019-10-09 16:21:19 103

十日前と比べると、74歳の胜った老人枚娭毑、今日の状態が良くなったが、誰も予想できなかったこの意志を持った老人はすでに半月前の1回の生死の試練を経験した——倒れて动かない、全身に横たわった彼女の冷たい薄い地板砖で5泊5日ぶりのことだ。4日前の4夜、彼女は一滴も入っていなかった。発見される前日まで、虫の息の彼女は必死にもがいていた。「この3箱がなければ、私は耐えられないと思います」株洲市の漢方医学病院の脊椎科の病床に横たわっている彼女は淡々と言って、閉じ込められたこの数日間、彼女は一度も努力のあがきを放棄したことがなくて、「私は怖くもないし、絶望もない。私は私ができると思う」。

薄着を着て、5日5晩寝ていた

时间に戻る枚娭毑事故当日の11月19日、当時胜の気温は7度まで6、屋外は小雨が降っていた。午前5時頃、いつものように薄着のタンクトップをひっぱり上げてベッドからトイレに行き、途中でリビングルームに戻ってきたところで倒れた。倒れた経験があるので、起き上がることができると思っていたが、思うようにならなかった。

下半身が動かなくなったので、両腕で踏ん張って前に出した。移動は容易ではなかった。一度は失敗し、一度は再び踏ん張った。

から11月19日、事故時の午前5时から11月24日までの4泊4日间、彼女が未飲み水一滴、一粒に未、外傷にタイルの冷たい、彼女の全身が震え、一線の生の希望を探すため、彼女はあきらめてもがいて、彼女の磨腐っていた自分の足のひじをも、足のカメラマンに至っては、生の可能性は依然として彼女を探す。

5日まで、伤だらけに息吹をはからの張娭毑は依然として厳しいへ上って、結局彼女に十分距离3箱のそばのところに牛乳、をがぶりと飲んで、彼女が多い感じが良かったし、さらに力強く始めたへ上って、電話まででいいたい、その距离が彼女にとって本当に远すぎる、流行らない。

图片关键词

11月25日午後4時頃、ドアをノックする音が、張娭毑は娘の婿沙から帰ったことを知って、この时の彼女は少し话が出ないと言った。その後、彼女は嬢によって株洲市中医学病院に運ばれ、治療を受けた。

11月19日午前5時から11月25日午後4時までの詳細な計算では、5泊5日に限らず、74歳の独居老人が体験した苦痛や恐怖、恐怖は一般の人にはわからない。

老人は精神がよくなり、日に日に回復している

株洲市中医学傷科病院に来た後、脊柱科医師は積極的な救急を展開し、「患者が来た時、人は皆衰弱し、精神は非常に悪く、寛骨部骨折、左大腿骨顆部骨折と診断され、また全身に多数の擦過傷、および褥創と診断された。背骨科の杜志勇主任によると、医者は直ちに老人で栄養、固定鎮痛、現在枚娭毑痛みが軽減、精神状态も多いし、帰宅时间が退院できることだった。

分かったが、治療の張娭毑もともとはある退職教師、次世代教育丸は祖国のために捧げた22年、彼女の教科目国語や音楽、地理、歴史などを含め、彼女が数回の受賞、表彰を通報された。枚娭毑は、自分が経験した一部の不幸は、せっかく爱子などの家庭の急変し、自分が辛うじて执拗に持ってきた。

杜志勇さんは高齢者に対して、散歩や太極(テグク)マークなど、自分に合った運働を具体的な状況に応じて選び、普段から日差しに露出して骨粗しょう症を予防し、転倒防止にも気をつけ、特に一人暮らしの高齢者は携帯電話を持ち歩き、家族と毎日連絡を取り合い、安全を確保することを提案した。